過去と未来の間

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紹介】東京新聞(中日新聞)社説 2006/4/2付

<<   作成日時 : 2006/04/02 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 『東京新聞』(『中日新聞』)の社説には、時に原則的な内容が書かれる。
 現在はなぜか様々な言説が「浮浪」しているので、その向かう先は権力者や「勝ち組」に有利な方向となっている。次に紹介する社説は内容的には当然のことであるが、しかしこのような原則的なものが疎んじられている現実がある。そういう「時」、何度も何度も原則に立ち返る必要がある。
**********************************************************************


“自由”を問い直す
 権力者の思うままを許さないことが憲法の役割です。強い者と弱い者の共存を目指すのが真の自由社会です。小泉流の憲法観には“異議あり”です。

 「自由」について考えさせられることが続きます。まず最初に、中国などの反発を招いた小泉純一郎首相の靖国神社参拝とムハンマドの風刺画の報道を取り上げましょう。

 首相は「小泉純一郎も一人の人間だ。心の問題、精神の自由を侵してはならないことは憲法でも認められている」と言い、イスラム文化を見下した問題の風刺漫画を掲載したメディアの関係者は「表現の自由」を唱えます。

■押しつぶされる“心”

 どちらも他人の心の内を理解しようとせず、自分の気持ちのままに振る舞う権利を主張する点が似ています。強者、優位にある者のごう慢さを感じます。

 不思議なのは小泉首相が日の丸、君が代の強制に何も言わないことです。入学式や卒業式で「日の丸掲揚に起立できない」「君が代を歌えない」という先生が処分され、「心の自由」が押しつぶされています。反戦の落書きをしたりビラを配ったりした人が逮捕されています。

 「こころ」を重視するのなら、これらのことに何らかの言及があってしかるべきでしょう。

 そこで「自由」について基本から考えます。

 一般の国民と同じように内閣総理大臣にも心の自由があり、自分の心に従って行動してもよい。これが首相の展開する論理です。

 しかし、国王の権力を法の力で制限しようとしたのが近代憲法の淵源(えんげん)です。憲法が保障しているのは「権力からの自由」であり、権力者の自由ではありません。それは政府や権力者を規制する原理です。

 権力者を縛る憲法を、首相という最高権力者にかかる制約をはねのけるために持ち出すのは矛盾です。

■内心に踏み込む法規範

 日の丸、君が代の強制に続いて、国民の内心を管理しようとする動きもあります。国民に「国や社会を愛情と責任感と気概をもって自ら支える責務」(自民党の新憲法草案)を押しつけ、教育基本法改正で子どもに愛国心を植え付けようとする人たちがいます。

 法規範で人間の「こころ」の在り方にまで踏み込み、特定の方向へ引っ張っていくのは、立憲主義の考え方とは正反対です。

 「およそ立憲の政において君主は人民の良心に干渉せず」−百年以上も前の政治家、井上毅がずばり言い切りました。

 小泉構造改革の柱、規制緩和や市場原理の基本である自由競争に関しても疑問が浮かびます。

 経済活動における自由とは、役所や役人からあれこれ細かな指図を受けないで、当事者同士の合意に基づいて取引や契約ができる状態をさします。これも「権力からの自由」であって、強い者が思うままに振る舞う自由ではありません。

 フランス人権宣言第四条には「自由とは他人を害しない範囲で自分の権利を行使できること」とありますが、日本の現実は「強者がより強くなる権利」になっていませんか。

 例えば、雇用規制緩和、働き方の多様化など美辞麗句のもとパート、派遣、契約、業務請負など企業側の労働力コストを引き下げる雇用形態が広がりました。その陰で、大部分のごく普通の労働者は企業の支配的地位の前に不利な条件でも労働を余儀なくされています。

 国税庁調査による民間企業労働者の平均給与は七年連続で減少しています。参入が自由化されたタクシー業界では、運転手の年収が十五年前の30%減です。平均が生活保護基準を超えているのはわずか十都県、家族を抱えて二百万円以下の人もいます。それでいて車両を増やし、収入を確保している会社が多いのです。

 市場原理とは強い者だけが生き残る「ジャングルの自由」のことなのでしょうか。

 「規制緩和」や「構造改革」「市場原理」などのかけ声に金縛りになったかのような日本社会は、小泉改革を批判的に論じるには勇気を要する雰囲気に支配されています。

 でも、小泉内閣の強引な手法に懐疑の目を向ける人がやっと最近になって増えました。現実を無視できなくなったのです。

 映画「白バラの祈り」が全国各地で上映され、静かに、しかし着実に観客を集めています。一九四三年のドイツで、ナチズムに抵抗する運動をした若者が逮捕され処刑されるまでの五日間の実話です。

■良心圧した追随、迎合

 映画のテーマは、事実を直視し、心の命ずるままにナチに反対した若者の良心だけではありません。ヒトラーに忠勤を励む政治家や官僚、権力者に追随、迎合する民衆など、当時のドイツ社会を映しています。

 時代は違いますが、何となく類似性を感じさせる日本の現状に対する不安が、人々に映画館へ足を運ばせるのではないでしょうか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
権力者・施政者の有り方に付いての本質をしるべきでしょう。今の日本国民は正に有る意味で、ナチズムに押されたドイツの時代に似ています。派手なパホーマンスに踊らされ、堀江に騙される。大義名分に隠された、私利私欲を見極める判断が無ければ、国民自身が泣く事に成ります。素晴らしい論理です。
http://ipusamu.at.webry.info/200604/article_4.html
http://itukyuu-wb.at.webry.info/200603/article_92.html
勝手に貼り付けさせて頂きました。良い御意見と勝手に感じた時は、時々かってに、トライアングル・トラック・バックさせて戴きます。御容赦下さい。
Itukyuu
2006/04/04 10:01
今の世の中は「騙す奴よりも騙されるやつのほうが悪い」と割り切った考え方をしなければならない。手元に来るアダルト系メールは女性の方から肉体関係を迫るようなメールが毎日くるが、狙いは見え見え、こんな話にうっかり乗ったら尻の穴までのぞかれる。解り切った話だが相手にしないでいても尚毎日のように入るアダルトメール、やはりこれに乗るスケベー男が多いと言うことである。売春は法律で禁止されているが逆売春は禁止されていない。しかし実態は売春メールである。まあ今の世の中はこんなもの甘い話には裏がある。それなりの覚悟を決めて接するのなら良いが、常識的に「君子危うきに近寄るな」である。
翔龍。
2006/04/05 04:23
 アダルト系のメールは、ほぼ毎日到来する。そのたび毎に迷惑メールとして登録し、またその特徴をつかんで受信拒否設定をするのだが、本当になくならない。これも「自由」なのか。
 「自由」とか「正義」という積極的(肯定的)な価値であったものが、換骨奪胎させられ(「脱構築」?)、否定的なものへと転化させられる。今一度、これらの概念をとらえなおす作業が必要であると思う。
【善】
2006/04/05 21:08
【紹介】東京新聞(中日新聞)社説 2006/4/2付 過去と未来の間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる