過去と未来の間

アクセスカウンタ

zoom RSS 文部科学省のDNA

<<   作成日時 : 2006/12/17 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「1935年 天皇機関説学者19人に圧力」という記事があった。教育基本法の「改廃」により、文科省のDNAは活動を活発化していくだろう。


 【ワシントン=共同】日本で軍部ファシズムの台頭につながった一九三五年の「天皇機関説事件」をめぐり、文部省思想局(当時、以下同)が憲法学者ら十九人を「速急の処置が必要」など三段階に分類、機関説の修正に応じない場合は講義を担当させないなどの報復措置を警告し、学説の変更を強要していたことが十六日、分かった。思想局の秘密文書が米議会図書館に保管されていた。

 事件から七十年余。政府が学者を個別に攻撃、転向を迫る徹底した思想統制の過程が個人名や具体例とともに判明した。

 複数の専門家は、文部省による具体的な圧力の実態を記した文書が確認されたのは初めてだとしている。

 文書は、米国が終戦直後に日本で接収した「各大学における憲法学説調査に関する文書」で、計約四百五十ページ。

 それによると、思想局は天皇機関説排撃の気運が三五年前半に高まったことを受けて憲法学説を本格調査。機関説を支持する度合いに応じ、十九人の学者を「速急の処置が必要」「厳重な注意が必要」「注意を与えることが必要」の三段階に分類。その上で著書の改訂や絶版を求め、従わない場合は(1)著書発禁や憲法講義の担当解任(2)講義休講−などの報復措置を取ることを決定した。

 (1)には機関説事件に絡んで貴族院議員を辞職する美濃部達吉・東京帝大名誉教授の弟子、宮沢俊義・同大教授らが(2)には佐々木惣一・立命館大教授らが該当。対象となった学者は講義内容を変更、著書三十冊以上が絶版に追い込まれた。

 文書によると、一部の学者は「拙著憲法原論は根本的に修正しつつ講義を進めている」などとした上申書を提出した。

<メモ>天皇機関説 大日本帝国憲法下での天皇は、法人としての国家の最高機関であって主権者ではないとする、憲法学者美濃部達吉らの学説。議会が天皇の意思を拘束できるとするこの考え方は「現人神(あらひとがみ)」である天皇の統帥権の下で行動する軍部には受け入れられず、貴族院本会議で1935年2月、陸軍出身の菊池武夫が天皇機関説を大々的に批判したことで政治問題化。美濃部は貴族院議員の辞任に追い込まれたほか主著は発禁処分となった。政府は同年8月3日と10月15日に天皇機関説を排斥する「国体明徴声明」を出し、天皇の統治権は絶対とする考え方が国民に強制されるようになった。 (共同)


http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20061217/mng_____sya_____005.shtml

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
文部科学省のDNA 過去と未来の間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる