過去と未来の間

アクセスカウンタ

zoom RSS 宰相の器

<<   作成日時 : 2008/11/15 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私が、麻生首相の漢字能力の低さを指摘したら、「揚げ足取りですね」さんから、以下のような内容のコメントが寄せられた。

 「こんなことを報道する前に報道するべき事は多いでしょう。肝心の答弁の内容は報道されないのですか?昨今のマスメディアの堕落振りには呆れ果てます。今や一部の人間にガス抜きを提供するエンターテイメントに成り下がったのですね。」

 「こんなこと」ではないのですよ。首相の能力は、やはり報道すべき価値があります。ブッシュさんというアメリカの大統領、彼も能力が低く、以下のような本も出されています。

 BUSHISMS The slate book of the accidental wit and wisdom of our 43rd President

この本には、たとえば

 I know the human being and fish can coexist peacefully.

というような、お馬鹿な発言が収集されています。

 小泉政権以来、権力を持った人々の「放言」が目立ちます。権力を持った人々は、それなりの立場があるのですから、自らの発言がどういう社会的影響を及ぼすかをしっかりと認識すべきであるにもかかわらず、「放言」また「放言」。

 航空自衛隊のもと最高幹部なんか、歴史的事実を無視した反論理的な自らの論文を英語に翻訳したために、日本の軍隊の幹部は歴史も知らない、論理性もないアホだった、と思われているそうだ。

 無能な人が国家を代表するのは、「国益」に反しますよ。そう思いませんか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
宰相の器 過去と未来の間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる