過去と未来の間

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰のために政府はあるの?

<<   作成日時 : 2012/02/26 08:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 『東京新聞』に以下のような記事が出た。

電力会社求め巨大津波警戒を修正 地震調査報告書で文科省 2012年2月25日 21時22分

 東日本大震災の8日前、宮城―福島沖での巨大津波の危険を指摘する報告書を作成中だった政府の地震調査委員会事務局(文部科学省)が、東京電力など原発を持つ3社と非公式会合を開催、電力会社が巨大津波や地震への警戒を促す表現を変えるよう求め、事務局が「工夫する」と修正を受け入れていたことが、25日までの情報公開請求などで分かった。

 報告書の修正案は昨年3月11日の震災の影響で公表されていない。調査委の委員を務める研究者らも知らされておらず「信じられない」などの声が出ている。電力会社との「擦り合わせ」とも取られかねず、文科省の姿勢が問われそうだ。



 文科省も経産省も、そして保安院も、すべて電力会社や原発マフィアのために動くのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
誰のために政府はあるの? 過去と未来の間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる