過去と未来の間

アクセスカウンタ

zoom RSS 意識しないとたいへんな時代

<<   作成日時 : 2012/03/30 08:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東電福島第一原発がまき散らした放射性物質。広範囲に農地を汚し、そこで収穫された農産物は、あるものは廃棄され、あるものはこっそりと流通している。

 米もそうだ。

 福島県内では、新潟産の米が買われているようだ。では福島産は?

 5000ベクレル以下ならば作付けでき,500ベクレル以下ならば出荷してもよい、ということになっています。しかし500ベクレル以下でも、安全ではない。

 500ベクレル以下の米は、農協が買い上げ、各地の米とブレンドされて流通しているようだ。米の産地表示は、上位二つのみなので、それに福島県産をブレンドすれば、それで終わり。


 福島県産の米は一応検査されているが、宮城県産は検査なしに流通している。


 米による放射性物質の拡散。瓦礫とともに全国に運ばれていく。

 日本政府は、全国に拡散させる政策を展開しているといってもいいだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
意識しないとたいへんな時代 過去と未来の間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる