過去と未来の間

アクセスカウンタ

zoom RSS 政府の一貫した姿勢

<<   作成日時 : 2012/03/10 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ヒロシマ、ナガサキのヒバクシャについて、政府は一貫して内部被曝を無視ないし軽視してきた。そのため、ヒバクシャたちは、内部被曝の問題を、みずから明らかにしようと、政府を相手取って訴訟を繰り広げてきた。原爆症訴訟という。

 この訴訟では、政府・厚労省の全敗である。内部被曝による原爆症を無視・軽視することは、政府の政策でもあった。それを、こじあけてきた。

 つい最近も その判決があった。

 以下のブログにアクセスして欲しい。

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/39904d0eb1320591189bf8d3147b4034

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
政府の一貫した姿勢 過去と未来の間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる