アクセスカウンタ

<<  2012年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
意識しないとたいへんな時代
 東電福島第一原発がまき散らした放射性物質。広範囲に農地を汚し、そこで収穫された農産物は、あるものは廃棄され、あるものはこっそりと流通している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/30 08:34
ジャーナリズムの現状
 最近ボクは、新聞やテレビのことをジャーナリズムとは呼ばない。ジャーナリズムとは、そこに批判的精神の存在が含意されているからだ。ところが、原発報道に見られるように、テレビ・新聞は、原子力推進側の流す記事をたれ流すだけ。これは原発報道だけではなく、こういう状況になってから、かなりの年月が経つ。だから「マス・ゴミ」とも呼ばれるのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/29 08:58
これで収束と言えるのか
 今日の『東京新聞』の記事。いったい廃炉はできるのだろうか。メルトダウンした炉心は、取り出せるのだろうか。『福島第一原発ー真相と展望』にも、その難しさが書かれていたが、こんな状態なら、手を出せないのではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/28 22:54
【本】アーニー・ガンダーセン『福島第一原発ー真相と展望』(集英社新書)
 新聞から、福島第一原発の事故の現況についての報道がほとんどなくなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/28 22:47
有害無益の保安院
 再稼働に向けての動きはしているが、事故が起きた場合の住民の安全については、全く手につけていない保安院。こういう役所は、まさに有害無益。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/25 21:36
2011年3月に、フクシマで起きたこと
 事故から1年が経過した。しかし第一原発事故の全容はなかなか姿を現さない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/25 21:07
カネ、カネ、カネ・・・・の原発ムラ
 「朝日新聞」が載せている記事。見出しは、「福井県原子力委員に1490万円 電力側、5人に寄付」である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/25 09:59
調査地全域の農地土壌の放射性物質濃度分布図
 農水省が作成した地図。土壌のセシウム量が図示されている。福島は高い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/24 22:11
菅谷松本市長が語る
 チェルノブイリで医療活動を行った医師の菅谷氏。現在は松本市長であるが、彼のインタビューの記事が、下記のサイトにあるので読んでいただきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/22 15:13
「フクシマの嘘」
 ドイツのZDFが制作したドキュメント「フクシマの嘘」は、日本国民必見です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/22 10:19
生み出せないことば
 『週刊朝日』の臨時増刊号である『朝日ジャーナル』を購入した。そこに掲載されている論考に、触発されると同時に、新しい知識も得ることができた。    だが一つ、そういう積極的なものが感じられない文もあった。それは「いま、わたしたちが生み出す言葉」という、開沼博の文である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/21 17:31
原発問題についての国家の方針
 まさに、国家は、下記に記されているような方針にそって動いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/20 20:53
原子力保安院の犯罪
 以下は、『毎日新聞』の記事。保安院がいかに犯罪的な組織であったのかがよくわかる。しかしその保安院がいまだに原発について実権を握っていることに驚く。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/16 21:22
なりふり構わない権力の動き
 『中日新聞』(『東京新聞』)は、マスメディアの中で、相対的ではあるが、もっともよい、と私が判断している新聞社である。とくに「特報」欄は、問題となる事柄に積極的に取材をして書いているので、私もよく切り取る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/13 21:21
もう原発はごめんだ、という声を聞かない政府
 福島第一原発の事故以降、ドイツ、スイス、イタリアは脱原発を国是として選択した。しかし当の日本では、そういう方向性も見えてこない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/11 12:07
東京電力という会社
 まず『日刊スポーツ』の記事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/11 10:15
知らなかった、首相官邸ホ−ムページ
 久しぶりに『神奈川大学評論』を取り寄せた。大学が発行している雑誌で、この『・・評論』は、なかなか水準がたかい。     今号は、70号。特集は「文明史的転換点 「3・11」以後を生きること」である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/10 20:30
政府の一貫した姿勢
 ヒロシマ、ナガサキのヒバクシャについて、政府は一貫して内部被曝を無視ないし軽視してきた。そのため、ヒバクシャたちは、内部被曝の問題を、みずから明らかにしようと、政府を相手取って訴訟を繰り広げてきた。原爆症訴訟という。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/10 18:47
こんな事態が起きているのに・・・
 以下に掲げる『東京新聞』の記事を読んで、情けなくなる。もちろん日本政府や自治体が、である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/08 21:47
日本の危機管理とは
 危機管理がかなり前から叫ばれ続けていたが、結局日本の危機管理とは、国民に正しい情報は教えないということ、これが本質であるということだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 16:03
朝日ニュースター
 CSの朝日ニュースター。3月で終わり。金子勝や、上杉隆が出演する番組、「愛川欽也のパックインジャ−ナル」などをみていたが、朝日ニュースターのスタッフはみんな退職。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 00:00

<<  2012年3月のブログ記事  >> 

トップへ

過去と未来の間 2012年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる