アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「中日新聞」のブログ記事

みんなの「中日新聞」ブログ

タイトル 日 時
無神経
 中部電力会社の社員が、驚くべきことを語った。その内容は無神経というしかない。ここに「中日新聞」の記事を引用したが、社員はその場で「放射能の直接的な影響で亡くなった人は一人もいない。今後5年10年たっても、それは変わらない」と話したという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/17 07:52
『東京新聞』(『中日新聞』)の社説は、正しいことを書く。
 昨日の「社説」である。多くの問題点を指摘していて秀逸である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/27 07:45
名張毒ぶどう酒事件の再審について
 名古屋高裁での下山保夫裁判長の判断、「再審を認めず」は驚くべき内容だ。弁護団も検察側も主張していないことを理由にして、再審請求を却下したのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/26 11:25
なりふり構わない権力の動き
 『中日新聞』(『東京新聞』)は、マスメディアの中で、相対的ではあるが、もっともよい、と私が判断している新聞社である。とくに「特報」欄は、問題となる事柄に積極的に取材をして書いているので、私もよく切り取る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/13 21:21
電気料金の値上げ
 昼食後にテレビを見ていたら、東京電力管内の電気料金値上げのことが議論されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/27 13:49
地方議員のあり方
 地方議会に対する批判の声が強くなっている。阿久根市や名古屋市など、高額な議員報酬をもらい、さらに政務調査費なる大金をせしめて、選挙時だけ頭をぺこぺこと下げ、当選するや睥睨する議員を何度見たことか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/28 21:59
社説の筆力
 私は、新聞社の社説とはその新聞社がその新聞社の知性の総力を挙げて書くものであると思っている。鋭い現実認識と洞察力、そして知性に裏付けられたよりよい未来を見据える眼力が合成されたものであると思う。しかしそういう社説にはめったに遭遇しない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/16 10:52
内閣改造 「陥(菅)没政権」
 菅直人が内閣を改造した。しかしまったく関心がない。菅民主党政権は、「陥(菅)没」内閣である。国民の生活を破壊し、アメリカにさらに日本の富を提供しようという、日本を「陥没」させる内閣である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/15 09:49
菅政権にノン!
 『中日新聞』(東海本社)1月8日付の「特報」欄は、現在の政治状況の本質を突いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/09 21:47
定期試験としての世論調査
 このことについては、前に書いたことがある。最近のマスメディアの報道姿勢は、目に余る。ほとんどのマスメディアが、同じ内容の報道を洪水のように垂れ流す。  現在は、マスメディアは小沢一郎が嫌いなようで、小沢は悪いやつだと、様々な描き方で報道する。描き方は様々だが、方向性は同じである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/12 17:57
消費税の増税
 日本国家の財政が悪化している・・・ということで、マスメディアやテレビなどにでてくる大方の評論家は、きわめて安易に消費税をあげるしかないと叫ぶ。しかし、今日の「中日新聞」、そしてそこに紹介されている斎藤貴男氏の著作にあるように、私たちが商品やサービスを購入するときに支払っているはずの消費税が、実際は国庫に入っていないというのだ。それは、消費税そのものの構造にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/06 18:09
格差問題の解決を
 昨日の「東京新聞」社説、「所得格差拡大 放置すれば社会は衰退」を掲げさせてもらう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/05 07:10
八月一日 「中日新聞」社説。
 今日の「中日」の社説は、格調高く読ませる内容だ。「朝日」などの全国紙社説担当者は、こういう格調高い、内容のあるものを書けなくなっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/01 07:37
とにかく買う防衛省。
 国家財政が赤字だ赤字だと叫ぶ政府。消費税を10%にしなければならないと叫ぶ菅首相。法人税を下げると言明する菅さん。しかし、政府は、日本の法人税は保険料の負担分などを考えると高くはないと言っていたはず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/27 16:31
指定管理者制度をなくそう。
 今日の「中日新聞」に「指定管理者の問われる危機管理 県内の施設で事故相次ぐ」という記事がある。日本は公務員の数が少ない「小さな政府」になっていることは、様々な統計を見れば明らか。にもかかわらず、新自由主義に染まった政治家や官僚は、公務員をとにかく減らせば良いという考えから、いろいろな制度を編み出した。指定管理者制度もそれだ。記事に見られるように、事故が相次いでいるという。ならば、県直轄にすればよい。金儲けではなく、それぞれの施設がその目的を達成できるように、適切で十分な数の職員をおくべきだ。人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/22 20:38
社民党の政権離脱
 社民党が、今回の普天間基地閉鎖・辺野古新基地建設問題で、政権を離脱することになった。党首である福嶋さんが罷免されたのであるから、これは致し方ないことだ。ここで政権にぶら下がっていることになると、何のための連立政権であるか。少しでも、自らの政党の政策を実現する、そのための政権参加だったはずだ。とくにこの問題は、決して譲ることが出来ない大原則の一つである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/30 20:26
今日の社説(「中日新聞」) 沖縄のこと
  今日の「中日新聞」の社説、“「抑止力論」の呪縛 週のはじめに考える”は、説得力ある、内容的にもよいものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/16 08:48
今日の新聞(「中日新聞」)から
 「中日新聞」の読書欄に、「テーマを読み解く」というコーナーがある。今日は「日韓関係」として李鐘元立教大学教授が書いている。その冒頭を引用させていただく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/16 08:41
「“公約”破り「恥を知れ」」
 タイトルは、今日の「中日新聞」の社会面の見出しである。どの面下げて沖縄に行けるのか。県民が怒るのは当然だ。ふざけんな!と叫びたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/05 09:10
5月3日 中日新聞社説
 憲法記念日の社説、最近は全国紙の質がどんどん落ちている。ブロック紙や県紙に秀逸のものが書かれる。全国紙の筆力や理念の劣化が顕著である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/03 09:23
中日新聞よ、さようなら。
 明日から新聞のない生活が始まる。ずっと新聞を購読しながら生きてきたわけだから、初めての経験である。まあしかし、利権権力の走狗となった新聞を、あえて購読することもないだろう、それもお金を支払って。そのお金が、利権権力の側に渡るのであるから、なおさらである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/31 09:34
失望の「特報」欄
 「中日新聞」には、「特報」欄がある。時によい記事があり、ジャーナリズムが生き残っておるな、などと思っていた。しかし今日の「特報」、「問われるメディア力」には失望した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/28 19:54
今日もまた
 「中日新聞」夕刊。今日も「水谷建設「別に2000万円も提供 小沢氏側に選挙陣中見舞い 元経営トップ供述」という記事が載せられていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/25 18:46
根本から考え直すとき
 今日の「中日新聞」社説は、「09年の終わりに考える 普天間と日米の絆」である。一面同意できるが、同意できないこともある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/30 14:11
「中日新聞」きょうの社説とコラム(中日春秋)
中日春秋 2009年8月15日 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/15 08:56
いません!!
 「いません!!」は、今日の「中日新聞」社説への応答である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/14 10:24
憲法記念日、「中日新聞」の社説
 今日は憲法記念日。日本国憲法について、じっくりと考える日でもある。テレビでもNHK教育(ETV特集)で「いま憲法25条 生存権を考える」が放映される。これもじっくりと見たい番組である。 http://www.nhk.or.jp/etv21c/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/03 08:42
ロナルド・ドーアの批評
 「中日新聞」に月一回程度掲載されるロナルド・ドーアの評論は、まことに適切である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/19 15:38
「中日新聞」の“農は国の本なり”の連載記事
 食の安全を含む食糧問題、先進国では異常に低い食糧自給問題と密接な問題として農業問題がある。農業後継者問題を考えると、はたして20年後、30年後の日本農業はどうなっているだろうかという危惧を抱くのは私だけではあるまい。農業だけでは食べていけない、という状況がつくりだされてから、いったい何年たっているのだろうか。輸出産業最優先の日本の産業政策の陰で、うち捨てられていった日本農業。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/21 22:51
すごいね、アメリカは。
 政府が経営支援を行ったAIGの幹部社員に多額のボーナスが支払われた。オバマ大統領も怒っているようだが、しかしアメリカや日本の経済学者が信奉している新自由主義経済とは、こういうものなのだ。メリルルンチ証券でも、幹部社員に438億円のボーナスが支給されている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/17 20:19
今日の西松建設献金問題
 少し小沢氏と西松建設献金に関わる記事は減ってきたかな。もう狙いは達成されたのかもしれない。小沢氏の率いる民主党の政権政党への脱皮を何とか阻止しようという勢力は、民主党に対してマイナス材料をたくさん提供した。  私の住んでいる地域は、塩谷立氏の選挙区である。この選挙区は、今まで自民党を熱心に支持していた人たちが、民主党を支持しているし、おそらく保守的な考えと思われる人が民主党の候補者になっている。私としては、自民も民主も、この選挙区では支持したくない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/16 20:19
ドーアの「視座」
 ロナルド/ドーアの「視座」は、『中日新聞』を購読している私にとって、たいへん参考になる内容が多い。ドーアの主張に肯くことが多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/15 10:53
規制緩和の推進者にも甘い蜜を
 ほらほら出てくる出てくる。規制緩和を推進したオリックスが、郵政民営化事業で肥え太っている姿が。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/20 20:07
おや?小泉さん、社説にでているよ。
 今日の「東京新聞」(「中日新聞」)の社説には、納得できない。社説は「『給付金』攻防 小泉発言はもっともだ」というものだ。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2009021402000091.html  自民の現状を象徴するかのような現首相と元首相の“内輪もめ”である。ただ、小泉元首相が世間に不評を買う定額給付金関連法案の再可決に異を唱えたのはもっともだ。与野党協議で打開を図れ。  小泉純一郎元首相は郵政民営化推進派議... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/14 10:25
御手洗経団連会長は本当に知らなかったのか?
 各新聞も、大賀容疑者と御手洗経団連会長との関係を報道している。御手洗氏なかりせば、大賀の脱税はない。御手洗氏は、本当に知らなかったのか?この状況からは、とてもそうは思えない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/11 23:36
そこのけそこのけ、トヨタが通る!
日本は、もう法治国家ではないようだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/01 11:04
イスラエルの蛮行
 「中日新聞」の社説は、ナチスばりの国家イスラエルの「ガザ空幕」について「全面戦闘の回避に動け」と主張する。しかしその書き方が問題だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/29 09:03
中日新聞 社説「人権としての脱貧困」
週のはじめに考える 人権としての脱貧困 2008年12月7日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/07 21:51
もう一つ、年金問題
 これも「中日新聞」の今日の社説。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/06 16:21
コスト削減 労働者の首切り
 今日の「中日新聞」社説。当然のことを記す。あまりにも安易である。景気がよいときはどんどん雇用し、不景気になったらパッと切り捨てる。労働者を何だと思っているのか。    だがこれは80年代から開始され、90年代後半に本格化し、小泉政権で決定的となった「構造改革」が招いたものだ。労働者を使い捨てにする法制度が着々と「整備」され、それが全面的に発動されたのである。このような事態は、予想できたはずだ。労働者派遣の「規制撤廃」(この「規制撤廃」があたかも「善」であるかのように喧伝されてきた!!)の最... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/06 16:13
何で今頃
 今日の「中日新聞」の特報欄に、「道州制、町村会が反旗」という記事が載せられていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/05 22:14
死刑について考える
 死刑制度について、私は以前から否定的であった。今でもそうである。日本の司法警察に対する疑いが根底にあるからだ。それは、冤罪の存在である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 20:27
中日新聞 社説 反貧困
 11月30日の社説は、多くの人に読まれるべきだと思うので、下に掲載する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/01 20:41
誤読
 麻生君は、“ 「ふしゅう」は読み間違い”だと釈明したそうだ。しかし文脈を追っていけば、 「踏襲」を「ふしゅう」なんて誤読することはあり得ない。「踏襲」は「とうしゅう」しかないだろう。麻生君、釈明になっていないよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/12 22:53
またか、救急受け入れ拒否
 この事例は、本当に腹立たしい。遺族の悲しみはいかばかりかと心から同情したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/22 22:32
『変革期のジャーナリズム」
 今日の「中日新聞」の社説は、「変革期のジャーナリズム」である。社説子は、ノーベル経済学賞受賞のクルーグマン氏の著書をあげる。 http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2008101902000063.html  アメリカの最高経営責任者の報酬が、1970年代には平均的労働者の40倍、それが2000年には367倍(9億円)にもふくれあがったこと、破産を申し立てる世帯が30年前の5倍・・・・・というアメリカの状況を指摘する。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 08:18
意図的なメディア
 無思想で、ひたすら視聴率と庶民の俗っぽい関心を追い求めるマスメディア。とくにテレビメディアは、見るに値しないものが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 18:02
腐臭を放つ日本
 社会保険庁が組織ぐるみで、犯罪行為を行っていたことがほぼ明らかになった。当然上部からの命令によって行われたのであるから、歴代の社保庁長官なども責任を問われるべきである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/18 23:30
記録にとどめておこう
 こういう人間が、次の首相になろうとしている。記録にとどめておこう。あまりにひどい、情けない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/16 23:04
『蟹工船』をめぐって
 今日の『中日新聞』に、共産党の大門氏と自民党の義家とが、『蟹工船』をめぐって質問に応えるという記事があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/24 07:10
厚生労働省の官僚は最低である。
 『中日新聞』今日の夕刊は、「西濃運輸健保が解散 高齢者医療の負担響く」という記事を掲げた。政府の医療政策は、とにかくカネを出せるところから出させようと、きわめて安易な姿勢で臨んでいる。今週号の『エコノミスト』も日本の医療制度の特集を組んでいるが、日本の医療制度は、担い手の超人的な努力で良好に支えられている。しかし、政府の政策が、その制度を壊しにかかっている。アメリカのように健康保険制度のないような社会にして、アメリカの保険会社の参入を進めていこうと思っているかのようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/21 23:04
「改革進まないから格差できた」という発言
 今日の『中日新聞』の「特報」欄は、1995年の「日経連報告書」についてである。私もこの文書が、現在の「格差」やワーキングプアなどの労働問題をつくり拡大した重要文書であると思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/05 21:39
驚いた、沖縄の米軍住宅
 『中日新聞』の今日の「特報」は、“基地外住宅に住民悲鳴”として、沖縄北谷町のことが報道されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/07/29 22:25
今日の「中日新聞」社説
 「介護労働 処遇の改善が急務だ」は、とくに強く叫ばなければならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/28 20:59
国土交通省のタクシー代、月に1億円だって?
 今日の「中日新聞」の記事、「チケット停止 試行1カ月 タクシー代 9割減」には驚いた。いかに官僚たちが無駄に国費を費消していたかがよく分かる記事だ。この記事を読んで、本来なら乗る必要がなかったことが示されると同時に、タクシー券を換金していたのではないかという疑いを生じさせる記事だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 13:19
防衛利権にどこまで迫るのか?
 「中日新聞」の昨日の社説である。「朝日」なども同様の社説を掲げている。しかしどこまで防衛利権に迫ることができるか疑問である。おそらく中途半端のままで終わるのではないかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/26 07:52
二つの社説
 「労働経済白書」について、中日新聞、朝日新聞の社説を紹介する。私は、「中日新聞」の社説に賛同する。「朝日新聞」も一応はいろいろ指摘しているが、最近の「朝日」の社説は、どちらかの立場に立つことなく(このような内容について論じる場合は、労働者の立場に立って改善を求めるというのが筋であろう)、どっちつかずの主張をする。末尾には、「人ひとりが働きがいを感じられ、安心して仕事をすることができる。それが長い目で見て、企業経営にも資する。そうした雇用のあり方をめざしたい。」でまとめるところに、「朝日」の本質... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/23 09:21
大分県の学校汚職
 今日の「中日新聞」に「審議監に昇進を依頼 大分教員汚職」という記事があった。しかしこれは、大分県だけではない、こんなの金額の多寡はあるが、常識的に行われていることではないか。静岡県でも、「昇進」するためには「有力者」に付け届けするということが「当たり前」とされているという。  また、民間の会社も同様だろう。いま中元のシーズンであるが、中元、歳暮のシーズンをみれば明らかではないか。  これは「許す」べきだというのではない。教育界も、産業界も、どこもきれい事で行われていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 07:02
蟹工船、「中日」の社説に登場
 今日の「中日新聞」社説に、『蟹工船』が登場した。この論旨に賛成である。特に、「大きな原因は、「小泉改革」で急速に進んだ規制緩和です。」というところに注目。未だにコイズミ人気があるということに、私は唖然としている。小泉政権がどんなことを行ったか、それを国民の間に広げることが重要であると思う。小泉政権の検証作業を始めているが、あちこちで行うべきだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/20 09:34
ロナルド・ドーアの正論
 「中日新聞」の日曜日、ロナルド・ドーアが「「米国的経営」礼賛の時代」を書いている。結論に「尊皇攘夷が一変して文明国になったのはいいとしても、「日本的経営礼賛」の時代から「アメリカでは」の時代へというとんぼ返りはどうかと思う」とある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/17 21:47
米兵の飲酒も「公務中」
 「中日新聞」の夕刊に以下のような記事が出た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/16 21:43
ええっ!何これ?
 今日の「中日新聞」朝刊のトップ記事である。「公務員カラ出張に懲役も 与党方針、今国会に改正案」という記事には、まったくあきれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/25 21:37
過労自殺、最悪
「過労自殺、最悪の81人 心の病、労災申請4年で倍」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/23 20:56
「対外純資産、初の250兆円 債権「世界一」17年連続に」
「中日新聞」の夕刊に表題のような記事を見つけた。ふーん・・・・・というしかない。世界は日本人は金持ちだと思ってしまうのかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/23 20:42
中日新聞(東京新聞)、憲法記念日の社説
「憲法記念日に考える 『なぜ?』を大切に」は、すばらしい内容だ。 2008年5月3日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/03 22:29
「小泉政権以降・・・」
 今日の「中日新聞」夕刊に、作家高村薫氏の「社会時評 医療制度崩壊の元凶」という文が掲載されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/18 21:52
国策実現に札束
 日本政府は、自らの政策を強引に進めるために、札束をつかう。言うことを聞かない自治体があったらカネを取り上げ、言うことを聞くとカネを出す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/15 21:20
米軍の存在は何をもたらすか。
 沖縄で、中学生が暴行され、容疑者として米兵が逮捕される。米兵は海兵隊所属。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/02/11 15:06
「聖徳太子」のことから
 「中日新聞」の今日の社説は興味深い。「書き換わる聖徳太子像」と題する社説は、教科書にも書かれている日本古代史の「通説」が、今や瓦解していることを紹介している。すでに私はこの本をはじめ聖徳太子関係の本を読んでいるが、人には聖徳太子非実在説で話している。厩戸皇子はいたが、「聖徳太子」はいなかった、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/02/10 11:01
自立支援法
 浜松市にある「くるみ共同作業所」の永井昭氏が、「矛盾感じる自立支援法」という短文を書いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/03 20:44
「暫定」と「恒久」
 今日の「中日新聞」の「記者発」に、“「暫定」は改めよ”という文があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/03 20:17
マクドナルドは食べないが・・・・
 私は、マクドナルドのホットドッグをほとんど食べたことがない。しかしなかなか若い人にはすかれているらしい。聞くところによると、マックはいろいろなキャンペーンを行って、幼い子どもたちを集め、幼少時代にマックの味を覚えさせているとのこと、長じても食べるようにするためである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 21:14
自立を選択した村の話
 『東京新聞』、『中日新聞』で連載されている、長野県栄村の記事がよい。  「結いの心 市場原理と山里」と題された連載は、静岡県のように雪崩を打って合併に進んでいくところからみると、一服の清涼剤のようだ。 http://www.tokyo-np.co.jp/feature/yui/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/06 10:18
防衛利権に群がる人々
 今日の「中日新聞」に「毒ガス処理で虚偽報告 防衛族議員が役員の団体」という記事があった。会長は、瓦力もと防衛庁長官である。いままで防衛庁長官をつとめた人々がその団体に入っている(入っていた)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/31 08:53
浜松・行革審
 12月24日、浜松行革審が、「平成20年度予算に向けた提言」を発表した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/27 00:38
アフガン支援
今日の「中日新聞」第二面に、「アフガン支援に103億円緊急拠出 政府、給油中断踏まえ」という記事が載っている。これらのカネがいった何につかわれているのか、疑問なしとしない(記事全文は下記)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/23 10:24
国家財政はたかられている
 日本の国家財政はたいへんな赤字で、政府自民党は、首相直属の経済財政諮問会議などをつかって増税論議を行ってきている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/28 09:13
危険な浜岡原発
 浜岡原発が危険であることは、常識となっている。原発の危険性を指摘する際には、浜岡原発のことが必ず取り上げられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/26 20:28
偽装、隠蔽、嘘、ごまかし・・・・・
 ミートホープ、名古屋コーチン、赤福、比内地鶏・・・・と詐欺師が食品を製造しているのだということを、しっかりと認識させてもらった。どうしたら自己防衛できるか、考えなければならない。この問題で、役所は無能であったことがはっきりしたし・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/22 22:45
イギリスは賃金の補填を行っている?!
 新自由主義的な政策が、中曽根政権、そして橋本内閣、そして小泉政権になってからは矢継ぎ早に推進されてきている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/21 11:01
私益を求める人間が、権力を動かすー守屋もと事務次官が示すこと
  実際高級官僚には、表向き公益を尊重するような顔をして、実際には私益を追求する輩が多い。もちろん政治家にも、そういう奴らがたくさんいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/20 20:24
こういう人が日本軍(自衛隊)を率いていた。
 「中日新聞」は「「逆風」発生源の守屋前防衛次官  現テロ特措法成立に奔走」という記事を載せている。(2007年10月20日 朝刊) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/20 09:15
赤福!!もう絶対に買わない。
 名古屋方面に行ったとき、いつも買っていた赤福。たくさんは食べられなかったが、それでも買って帰って、家族と一緒に食べたり、近所におみやげとしてあげていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 22:52
何?増税?!!!!
 最近政府も、自治体も何とか諮問会議とか、何とか審議会を設置して、重要なことをどんどん提案し、小泉やアベ内閣の時代は、とにかくそれらを通過させていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 19:08
えん罪を謝罪しない警察・検察・裁判所そして弁護士
 富山のえん罪事件で、当然のごとく無罪判決が下った。まったく証拠もないのに、またアリバイもあるのにきちんと調べもせず、警察は自白を強要し、検察は自白をそのまま採用して求刑し、裁判所は証拠も何もないのに有罪判決を下した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/11 21:27
沖縄戦のこと
 沖縄では、11万人が集まって、教科書検定で沖縄戦の「集団自決」から日本軍の強制が消されたことに対する集会が開かれた。9・29の県民大会の模様を「沖縄タイムス」は、以下のように伝えた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/02 20:21
自民党と官僚
 知人の新聞記者は、小泉選挙の時、なぜ小泉を支持するかという理由に、官僚制と闘っているからだというようなことを話していた。彼はだから「民営化」にも賛成していた。  だが、それは嘘であることを、私は知っていた。自民党は、国立大学の法人化により文科省の天下り先を増やした。道路公団の民営化で、公団の問題点の追及をさせないようにした。民営化で料金を下げるかのように言っていたが、首都高は値上げだそうだ。民主党の長妻議員が資料の提出を求めても、社保庁は出さなかった。それを政府自民党は支えた。自衛隊がいかな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 23:12
「難民」
 「中日新聞」に、「郵政会社誕生 民営化のきしみ」という連載記事がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/26 21:33
今日の社説「中日新聞」
 今日の社説もよい。コラム欄に加藤寛(千葉商科大学名誉学長)の「自民党は改革路線を主張すべし」があるが、続けたらここで指摘されていることが、もっと拡大される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/23 07:58
怒りと悲しみと・・・
 10月から郵政が民営化される。今日の「中日新聞」は、それによりどのような事態が起こるかを記したものだ。  このような事態は、小泉郵政選挙の前に明らかになっていたことだ。「民営化されると・・・・・・なるだろう」ということは、私ですら知っていた。だからもちろん、私は自民党・公明党以外の政党に投票した。小泉改革は、日本の分裂を促進し、いわゆる田舎や社会的弱者を切り捨てるものであると考えていたが、その通りになってきている。選挙は怖いものだ。自民党・公明党政権は、かくも非情な政策を実施してきたのである... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/23 07:52
品性と品質
 今日の「中日新聞」夕刊に、佐野真一の「安倍首相辞任に思う 問われる日本の「品質」」という文が載った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/19 21:15
【社説】「中日(東京)新聞」週のはじめに考える
 『中日新聞』(『東京新聞』)の社説がよい、とずっと言い続けている。もちろんすべてではないが、冷静な主張がある。考えなければならない要点が、きちんと記されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/17 08:46
暑い夏に考える平和
 今日の『中日新聞』には、品川正治氏(経済同友会終身幹事)と鈴木邦夫氏(新右翼「一水会顧問)との対談が、2ページにわたって収載されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 23:50
自民党・公明党による年金問題ごまかし機構について
 最近の中日新聞の社説には、敬意を表する。日本年金機構に関する社説は、記録にとどめるべきと思い、ここに掲げさせていただきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 17:44
地域活性化
 最近の地方政治の流れは、地方切り捨てである。静岡県でも合併、合併が続き、今までの市町村の枠組みが大きく変えられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/24 10:38
国民投票法案に対する「中日新聞」の社説
国民投票法 ぎらつく「改憲ありき」 2007年5月15日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/15 18:10
中日新聞の憲法に関わる社説
 「中日新聞」の5月1日からの社説です。食事時、SBSテレビを見ていたら、陸上自衛隊富士駐屯地にレポーターが入っていって、「かっこいい!」といったり、戦車に乗ってはしゃいでいた。SBSテレビの政治的立場がよくわかる。少なくとも憲法記念日くらいは、もう少し問題提起的な内容にすればよいのに、と思った。ないものねだりか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/03 20:45
えん罪をなくすために
 「中日新聞」の今日の社説「連続殺人無罪 『自白頼み』に決別を」は、なかなかよい内容であった。日本では、戦前よりえん罪事件が数多く起きている。それは自白偏重主義がぬきがたく存在しているからだ。刑事政策において、えん罪をつくらないことが最大の目的でなければならない。そのためには、自白に頼らずに物証に依拠するようにすること、もう一つは自白をとることを目的化しないように、取調室に第三者の目を入れることだ。それなしにえん罪を根絶することはできない。   冤罪(えんざい)の疑いの強い事例が、最近の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/21 21:27
声高な議論よりも、理性的な議論を
 テレビに登場する論者の多くは、みずからの専門でもないことを、まことしやかにコメントをつける。その主張には荒唐無稽なものも多い。素人の意見も、それはそれで貴重ではあるが、テレビでは、荒唐無稽の主張よりも、理性的な議論を提供すべきである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/19 22:03
【中日新聞・社説】「現実主義の落とし穴」
 今日の「中日新聞」(「東京新聞」)の社説は、これも一読の価値ありである。昨日、「日本人は急速に論理や意味や構造を理解することがひどく不得手になってしまった」という佐藤優氏の文を紹介したが、「現実」というものに抗わず、流されてしまっているがために、ある意味で面倒くさいことをしなくなったということが言えるのではないか。自公政権はもとより、民主党も基本的にはグローバル企業が自由にもうけることができる世界をつくろうという「改革路線」に立っているがため、そしてそうでない政治グループがあまりに小勢力になっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/04 10:06
イラクでの戦争の実態(『中日新聞』の記事から)
 「米重傷兵終わらぬ闘い もう一つのイラク戦争」という記事を読んだ。新聞では、米兵がイラクで何人死んだか、死者数が知らされる。だが、この記事にあるように、傷ついた米兵がたくさんいる。もちろん、イラクでも、死者だけでなく、傷を受けた者は数限りなくいるだろう。残念ながら、イラクについても、死者数の「概数」は知らされるが、重軽傷者の実態は報道されない。  今回の記事は、それを埋める記事でもある。私たちは、戦争の悲惨をしっかりと見据えなければならないと思う。戦争の悲惨は、戦争の真実そのものである。 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/01 19:35
実質賃金の減少
「実質賃金2年ぶり減 景気回復 家計に波及せず」という記事が、『中日新聞』夕刊のトップ記事であった。実際私の収入も、減っている。現在の経済政策は、給与をアップして家計に所得を移転することを考えていない。株主や役員に所得を移転させるようにしている。 Trickle-down economics が主流である。一体いつまで続くのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/31 21:22
東条英機と小泉首相
『中日新聞』(『東京新聞』)社説が、よい材料を提供してくれている。(4/16付「国会が浮いている」) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/04/16 22:51

トップへ | みんなの「中日新聞」ブログ

過去と未来の間 中日新聞のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる