世界は良くなっていない。

 アルジャジーラのホームページをみると、もちろんイスラエルとパレスチナ、イスラエルとレバノンの記事が多い。
 私はパレスチナの人々が抵抗する気持ちは理解できる。イスラエルは、正真正銘のテロ国家である。その国家をアメリカがしっかりと支えている。国際社会が何とか解決しようとしても、アメリカが拒否権を発動してそれを妨げる。解決の糸口はなく、多くの人々が犠牲になっている。

 他には、インドがパキスタンとの話し合いをキャンセルしたとか、韓国で洪水がひどいとか、フィリピンの火山爆発により避難民がでているとか、あまりよいニュースはない。その他の国際ニュースもよいものは見あたらない。アフガニスタン、スリランカ、パキスタンで人が殺されている。
 平和な世界は来ない。ボブ・ディランの「風に吹かれて」は、まだまだ唄われなければならない。
 
 世界的に秩序が壊れていっているようだ。

 
  http://english.aljazeera.net/HomePage

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0