過去と未来の間

アクセスカウンタ

zoom RSS みのもんたの無知

<<   作成日時 : 2008/12/31 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 私の娘は、国立の女子大に進学した。しかし、卒業するとき、経済情勢の関係で就職活動がたいへん困難であった。娘は何とか就職できたが、友人の中には就職できずに田舎に帰ってしまった者も多いという。田舎に帰ったからと言って就職できるわけではない。経済情勢によって、新卒ですら就職できないときもあるのだ。決して自己責任ではない。

 ところがあのみのもんた、どこかの社長の息子に生まれて、そして自分の子どもをテレビ局に就職させて、就職ということについて苦しんだこともない者が、ニュース番組で勝手なことをほざいている。別にそういう体験があろうとなかろうと、社会経済情勢をみていれば、派遣労働者が増えた原因は決して「自己責任」ではない。みの以外のコメンテーターが客観情勢を話しているのに、ひたすら自らの無知を主張し続ける。

 こういう人間を起用する報道番組は、万死に値する。

http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1347.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
普段は忙しく家族全員休みが同じでは無いので、正月は毎年スキーに行っている。田舎に行くと、風景が変わっていた。中央道は、ほとんど貸切り状態。ゲレンデは、若者が消えて、家族連れと中年ばかり・・・。リフト待ちはゼロ。駐車場も空いている。少し前までは、重量4駆かミニバン、そして若者であふれていたのに・・・。不況でも、若者は消えなかったのにだ。今シーズンは、完全に風景が変わってしまっていた。人が来ないから、色々な単価も下がっている。少しマイナーなスキー場であ有るが、これはひどい・・。田舎は破滅的な状態だ。素人の私でさえ、肌でガンガン感じる。近場のナンバーなんて無い。有るのは、東京方面か愛知、静岡方面ばかり。今は、派遣社員の問題が取り上げられていますが、次は地方が問題になりそうです。彼もマスコミ人なら、田舎に一日でも行ってみろと言いたいですが、そんな所は見る気がないでしょうね・・・。若い人が消えた、所には、お金も仕事も活気も希望もなにも無いですよ。
ポポ
2009/01/03 23:39
みのもんたの無知 過去と未来の間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる