鳩山政権の暴挙に対して、黄色いリボンを!!

 「琉球新報」の24日付けが届いた。政治面、社会面など、ほとんどが鳩山首相の沖縄訪問の記事で埋められている。壮観である。

 この問題はまた振り出しに戻った。日米政治権力が進めようとする暴挙を、沖縄県民はもちろん、本土のひとびとも積極的に阻止していかなければならない。

 今回の暴挙について、多くの国民は支持していない。沖縄県民の心情など、多くの日本国民は理解したに違いない。それを理解できないのは、本土のマスメディアである。「読売」、「サンケイ」はもとより、「朝日」も辺野古へのオスプレイの新基地建設促進の立場に立つ。

 「琉球新報」には、「識者評論」として我部政明、新崎盛暉両氏の文が掲載されている。鳩山首相が韓国軍艦沈没事件をネタに、だから辺野古という議論について、「抑止力とは、仮想敵国に対して侵略を思いとどめさせることをいう。もし、北朝鮮の哨戒艦攻撃が戦争の予兆だとすれば、米海兵隊が現在、沖縄に駐留しているのにもかかわらず北朝鮮の行動を押しとどめることができていない証拠になる。」と我部は、鳩山の「抑止論」を切り返す。

 今回の「決定」にたいして、沖縄県民は「徹底抗戦」だという。

 私たちも、沖縄に連帯して、黄色いリボンをつけて抗議を続けよう。私はバッグに黄色いリボンをつけ、車には黄色のタオルを目立つところにおいている。

http://www.peoples-plan.org/jp/modules/article/index.php?content_id=58

http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/ada98e718ce0beab5dab6866a19b2b9c

http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51412740.html

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-aada.html








 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0