原発問題についての国家の方針

 まさに、国家は、下記に記されているような方針にそって動いている。


水俣と福島に共通する10の手口

1、 誰も責任を取らない/縦割り組織を利用する

2、 被害者や世論を混乱させ、「賛否両論」に持ち込む

3、 被害者同士を対立させる

4、 データをとらない/証拠を残さない

5、 ひたすら時間稼ぎをする

6、 被害を過小評価するような調査をする

7、 被害者を疲弊させ。あきらめさせる

8、 認定制度をつくり、被害者数を絞り込む

9、 海外に情報を発信しない

10、御用学者を呼び、国際会議を開く

(「東京」夕刊 かつて水俣を、今福島を追うアイリーン・美緒子・スミスさん に聞く 2012・2・27)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0