福島県、子どもたちの被曝量増加

 福島の人びとは、チェルノブイリの被曝地よりも不利なところで生活することを余儀なくされている。逃げられる人はまだよい。仕事の関係とか、家庭の関係とか、逃げたくても逃げられない人びとがたくさんいる。本来なら、東電とか政府、あるいは県などが、経済的に支えながら、安全なところで生活できるようにすべきであるが、それは日本の場合、ない。  そうなると、次のような現実となる。 http://www.daily-eye-news.net/news_an8wCHKuQA.html

続きを読む

これって、どうなの?

 「朝日新聞」の記事。この問題は、以前にも話題になったが、続報がなかった。こういう電力会社、その労働組合に倫理感はあるのだろうか。 原発9社に社員兼議員99人 91人は電気料金から給与関連トピックス関西電力 原子力発電所 東北電力 沖縄電力  【大谷聡、白木琢歩、大高敦】原発を持つ全国の電力会社9社に、現役社員のまま地方議員になっている「社員議員」が99人いることが朝日新聞の取材でわかった。うち91人は議員報酬とは別に会社から給与を受け、さらに関西電力や東北電力など6社の52人は議会活動で会社を休んでも有給となる「特例」を受けていた。議員への給与は電気料金に含まれており、市民が活動を支える構図になっている。  電力会社の社員議員の多くは、地元議会で「脱原発」の意見書に反対したり、地域で原子力の勉強会を開いたりするなど、原発を推進する会社の方針に沿った活動をしている。労働組合に推されて立候補するケースがほとんどで、議員は労組側からも政治献金を受けている。  朝日新聞が原発を持たない沖縄電力をのぞく電力10社と各労組に取材した。議員99人にも取材を申し入れ、93人から回答を得た。 http://www.asahi.com/politics/update/1125/OSK201211240192.html

続きを読む

偏向報道

 マスメディアの偏向は、度を超している。  テレビのニュースなどは、自民、民主、公明、そして維新、これらの政党しかないような報道である。順番から言えば、小沢氏を代表とする「国民の生活が第一」は、議席数から考えて第三番目の政党としてもっと報道されてもいいのではないか。  最近小沢氏は、裁判で無罪となったが、あの事件も検察や官僚の悪巧みをもとに、マスメディアが大挙して小沢氏を「悪者」にした、まさにリンチのようなものであった。  最終的な無罪となった時点で、郷原氏や法律の専門家たちが最初から無罪であると主張していたし、また検察の意図的な検察審査会への情報提供があったことが公表されているのだから、少しはマスメディアも反省するかと思ったが、まったく無反省に過ぎている。  権力の有力な構成メンバーになりさがったメディアの堕落は、ここに極まれりである。  しかし残念ながら、多くの国民は堕落したメディアからたくさんの情報を得ている。まことに残念な状況である。

続きを読む

「属国日本」でのアメリカ兵の行状

 アメリカへの犯罪がとまらない。いずれも「テレビ朝日」の報道から。  横浜で・・・・ 綱紀粛正が求められるなか、アメリカ兵による事件が相次いでいます。先月16日の女性集団暴行事件を受けて夜間外出禁止令が出された後も、今月2日と18日に住居侵入、さらに、22日から23日未明にかけて沖縄と横浜で2人が逮捕されました。  ワイグル・オスカー・ヘイズ3世容疑者は23日午前3時すぎ、横浜駅前の漫画喫茶で、裸で歩くなどした疑いが持たれています。  店員:「丸出しになっている感じですね。ほかのお客さんから『これは…』って感じで、帰るお客さんもいたので」  警察によりますと、ワイグル容疑者は同僚のアメリカ兵の男性と酒を飲んで店に入り、服を脱いだ後、通路で放尿しました。取り調べに対し、「放尿したことは認めるが、全裸にはなっていない」と容疑を一部否認しています。  沖縄で・・ 綱紀粛正が求められるなか、アメリカ兵による事件が相次いでいます。先月16日の女性集団暴行事件を受けて夜間外出禁止令が出された後も、今月2日と18日に住居侵入、さらに、22日から23日未明にかけて沖縄と横浜で2人が逮捕されました。  逮捕されたのは、アメリカ軍のキャンプコートニー所属の1等兵、グレゴリー・カーソン容疑者(20)です。うるま警察署によりますと、カーソン容疑者は22日午後2時すぎ、うるま市にある建物の敷地内に無断で侵入した疑いが持たれています。住民からの通報を受けた警察が、付近を歩いていたカーソ…

続きを読む

また米兵が逮捕される!!

 懲りない米兵。沖縄県民を人としてみていないから、こういうことが起きる。 米兵を住居侵入容疑で逮捕 普天間基地所属   2012年11月18日  那覇署は18日、那覇市牧志のビルの一室に無断で侵入したとして、住居侵入の疑いで在沖米海兵隊普天間航空基地所属の中尉(24)を現行犯逮捕した。 中尉は「クラブで知り合った日本人女性にここで休んでいいと言われた」などと容疑を否認しているという。人身への被害などは特になく、同署が動機や事件前の行動などを調べている。  中尉は同日午前7時半ごろ、4階建てビルの最上階にある飲食店従業員の男性(30)の部屋に無断で侵入した疑い。男性は当時外出中で、部屋にいた知人女性からの連絡を受け「知らない外国人が室内で寝ている」と通報。駆け付けた同署員が現場にいた中尉を現行犯逮捕した。  同署によると、中尉はビルの外階段を上り、無施錠だった玄関から室内に侵入。部屋にいた女性と目が合うと、片手を上げてあいさつし、そのまま玄関横の寝室に入って眠り始めたという。同署員が確認したところ、中尉からは酒の臭いがしたという。  在日米軍は10月に本島中部で発生した海軍兵による集団女性暴行致傷事件後、日本に滞在する全兵士を対象にした深夜外出禁止令(午後11時~午前5時)を出している。ところが今月2日には、嘉手納基地所属の空軍兵が禁止時間帯に泥酔して民家に侵入し、男子中学生を殴打する事件が起こるなど深夜外出禁止令の実効性を疑問視する声が上がっている。…

続きを読む

総選挙の争点

 12月に総選挙となった。マスメディアは、みずからが権力の一員でいるが故に、争点隠しを懸命に行っている。第三極ということばで、維新などをあたかも自公民との対立軸であるかのような報道をしている。  そうではなく、植草氏が指摘するように、対立図式は対米隷属を許すか許さないか、原発を廃止するかどうか、消費税を廃止するかどうかだ。  争点をぼかす報道にのってはならない。 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/12-16c6.html

続きを読む