選挙制度に問題あり!!

総選挙に関する投票率が明らかになった。  投票した人の内、小選挙区で、自民党に投票した人は43.01%、比例区では27.62%。小選挙区では自民党に投票した人の方が少ないにもかかわらず、議席数は定数の79%の237議席。43%の得票で約8割の議席を獲得したのだ。比例区でも、自民党に投票した人は27.62%、しかし議席数は約32%の57議席である。  まったく民意を反映しない選挙制度である。  さらに全有権者数からみると、投票率は小選挙区制59.32%であるから、自民党に投票した人は24.67%のみ。比例では16%のみ。まあ棄権した人が悪いといえばそれまでだが、しかし小選挙区では約25%の投票数で議席の8割、比例区では約16%の投票数で約32%の議席数。  いかに現行の選挙制度が非民主的どころか、反民主的であることがわかろうというものだ。自民党に投票した人よりも、そうでない政党に投票した人の方が多い、にもかかわらず大量の議席を獲得して、勝手な政治を強行していくのである。

続きを読む