偏向する報道

 植草氏が、テレビ朝日系の「TVタックル」について、正当な厳しい批判をしている。その通りである。「朝日新聞」はじめ、テレビ朝日系列は、小泉をはじめとした「改革派」(現在の格差社会をつくりあげた面々)が好きなのだ。いわゆる「右」の人たちが、「朝日新聞」を批判するが、もう批判などしなくてよい。「朝日」は君たちの味方だ。もちろん中にはよい記者もいるが、社としては「改革派」支持だ。それに反対する意見は、評論家などの社外ライターに書かせてバランスをとるように見せかけているが、実際は「改革派」支持、つまり自民党支持なのだ。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/tv-3070.html

 報道番組のつくりかたのよい教材であった、どのように並べれば、一定の方向をもった番組がつくれるかという。

 また植草氏は、かんぽの宿問題でも鋭い批判を行っている。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-3543.html

 マスコミが「マスゴミ」になってしまっているとき、このようなブログは大切だ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0